ネオクラシズム様式 ダイニングチェアの座面張り替え

更新日:2019.12.26

修理前

ネオクラシズム様式のダイニングチェアです。座面の生地が、擦り切れて破れていました。座面の中身は、バネ組みが崩れて、形が歪んでいました。背もたれのフレームは、緩んでいてぐらつきがありました。

修理箇所

座面の張り替え。
座面の中身修理。
現状は、バネ入りを硬質ウレタンとウェービングへ変更。
椅子の組直し。

修理後

柄物の生地で座面の張り替えと座面の中身交換をしました。中身は、現状のバネ方式から、硬質ウレタンとウェービングテープへ変更をしました。背もたれのフレームのぐらつきは、組直し修理をしました。座り心地も良くなり新品のように綺麗になりました。