ルイ16世様式 アームチェア 張り替え

更新日:2019.12.26

修理前

ルイ16世様式のアームチェアです。張地は、白い革でフレームは、銀色の塗装がされていました。座クッションの中身は、フェザーで、つぶれている状態でした。フレームの塗装は、ところどころにキズがあり、色の剥げや欠けているところがありました。

修理箇所

全体の張り替え。
座クッションの中身交換。(硬質ウレタン)
背もたれの中身補修。
フレームの塗装直し。銀色から黒へ塗装。
※鋲も含め塗装。

修理後

アームチェアの全体の張り替えと座面のクッションの中身交換とフレームの塗装直しをしました。張地は、黒色の布地を使用しました。座クッションの中身は、フェザーではなく、硬めでしっかりとした硬質ウレタンへ交換、背もたれは、中身の補修を行いました。フレームと鋲のカラーは、黒色(不透明、塗りつぶし)で塗装しました。全体のカラー変更で雰囲気が変わり、新品のように綺麗になりました。